ブログ・エス技研

当ブログは引越しをしました。10秒後に自動で転送しますが、転送されない場合は、http://blog.s-giken.net/ をご覧ください。
ブログ・エス技研 TOP  >  スポンサー広告 >  システム開発関連技術 >  PHPを勉強するための環境を構築するにはXAMPPが最適

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PHPを勉強するための環境を構築するにはXAMPPが最適

システム開発を行う上では開発を行う環境を用意する必要があります。
Webサーバとして Apache、言語として PHP、DBとして MySQL...というように。

私は、自身で公開しているサイトなどがあるためにレンタルサーバを借りていますのでそこを使って開発を行っていますが、ほとんどの場合費用がかかってしまいますので、ローカルに環境を構築したいと思うことも多々あるでしょう。
でも、自分で構築するにはある程度スキルが必要ですし、インストール中に不具合が起こっても対応方法が分からない、インストールはしたけど起動の方法が分からない、毎回起動させるのが面倒といった場合もあるでしょう。

そんなときに役に立つアプリケーションがありました。

「XAMPP」です。

 「XAMPP」オフィシャルサイト
 http://www.apachefriends.org/jp/index.html

Apache、PHP、MySQLといった、Webアプリケーションを実行するのに必要なソフトウェアをパッケージでまとめたもので、それらを一括してインストールして、各種設定などもコントロールパネルから更新できるようになっているものです。

開発用途や学習用途で使う事をメインに考えられているようですが、イントラネットなどであれば、実運用環境用としても耐えうるものになっているようです。
ただ、アプリのバージョンや、ドライバなどが最新版ではないため、実際に公開するサーバで運用を行うにはセキュリティの面で問題がありますので、使用は避けるべきかと思われますね。


「XAMPP」はこの種のツールとしては、メジャーなもののようですので、それだけで事足りると思いますが、他にも「phpdev」と言ったツールもあります。

「XAMPP」と比較して各アプリのバージョンがやや古いことや起動が手間であったりしますので、こちらを積極的に選択する理由は見出しにくいですが、無理矢理何か理由を見つけるとすると、アプリ全体の容量が小さいために、HDDの容量を気にしなくてはいけない環境では選択肢となり得る事もあるかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年01月22日 17:23 ] カテゴリ:システム開発関連技術 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エス技研

Author:エス技研
性別:男性
職業:Web系エンジニア
エンジニアになって 15年ほど経ちますが、その途中で 5年ほどディレクタ、マネジメントを中心とした業務を行っていたためにやや現場を離れていましたが、転職をきっかけに 2012年に現場に復帰し、新たな技術を楽しみながら勉強しています。
メインの環境は LAMP環境です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター
FC2拍手ランキング
GoogleAdWords
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。