ブログ・エス技研

当ブログは引越しをしました。10秒後に自動で転送しますが、転送されない場合は、http://blog.s-giken.net/ をご覧ください。
ブログ・エス技研 TOP  >  スポンサー広告 >  CakePHP 2.x >  CakePHP 2.3でファイルをアップロード・その2 ファイル名を乱数で設定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CakePHP 2.3でファイルをアップロード・その2 ファイル名を乱数で設定

先週、CakePHP2.3でファイルのアップロード処理を作る(http://ssgiken.blog.fc2.com/blog-entry-24.html)という記事を書きましたが、今日はその続きです。

前記事のファイルアップロード処理を作る際に、ファイル名をもとのファイル名ではなく、乱数による自動生成されたファイル名を付けるという方法も試してみました。

今回は乱数を元にファイル名を付けていますが、シリアルナンバーを付けたい、といった場合などもこの方法を元にすれば対応は可能ですね。


ベースにしたのは、前回も書いた下記のサイトです。
http://www.almondlab.jp/labs/1043

そのため、View、Model、および、DBの構造は、上記のページと同じですので割愛します。


--------------(/Controller/UploadsController.php)
<?php
App::uses('AppController', 'Controller');
/**
 * Uploads Controller
 *
 * @property Upload $Upload
 */
class UploadsController extends AppController {

  public $helpers = array('Html', 'Form');

  public function index() {
    $this->Upload->recursive = 0;
    $this->set('uploads', $this->paginate());
  }

  public function add() {
    if ($this->request->is('post')) {

      // 2013.07.19 add 乱数を発生させる処理
      $rand = 'abcdefghijklmlopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMLOPQRSTUVWXYZ0123456789';
      $ary_rand = str_split ( $rand );

      // array_rand はランダムに配列のキーを取得
      for ( $i = 1, $str = ""; $i <= 32; $i++ ) {
        $rand_key = array_rand ( $ary_rand, 1 );
        $str .= $ary_rand[$rand_key];
      }

      $tmp = $this->request->data['Upload']['file']['tmp_name'];
      if(is_uploaded_file($tmp)) {
        $file_name = $str;
        $file = WWW_ROOT.'files'.DS.$file_name;

        if (move_uploaded_file($tmp, $file)) {
          $this->Upload->create();
          $this->request->data['Upload']['file_name'] = $file_name;

          if ($this->Upload->save($this->request->data)) {
            $this->Session->setFlash(__('The upload has been saved'));
            $this->redirect(array('action' => 'index'));
          } else {
            $this->Session->setFlash(__('The upload could not be saved. Please, try again.'));
          }
        }
      }
    }
  }

}
--------------

途中に乱数を発生させる処理を追加し、ファイル名をそれに置き換える処理になっています。
この処理の要は「move_uploaded_file」でしょうね。それ以外は特に難しいことはないと思います。

途中のコメントの「array_rand はランダムに配列のキーを取得」の次の行にある「32」がランダムで生成する文字列の文字数になりますので、ファイル名の長さを調整したい場合はその数字を変えてもらえればいいでしょう。

また、ファイル名をランダムで取得するには「md5」などが使われていたりもしますが、正確には乱数を取得する関数ではありませんので、それを理解したうえで使った方がいいでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2013年07月08日 07:27 ] カテゴリ:CakePHP 2.x | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エス技研

Author:エス技研
性別:男性
職業:Web系エンジニア
エンジニアになって 15年ほど経ちますが、その途中で 5年ほどディレクタ、マネジメントを中心とした業務を行っていたためにやや現場を離れていましたが、転職をきっかけに 2012年に現場に復帰し、新たな技術を楽しみながら勉強しています。
メインの環境は LAMP環境です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター
FC2拍手ランキング
GoogleAdWords
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。