ブログ・エス技研

当ブログは引越しをしました。10秒後に自動で転送しますが、転送されない場合は、http://blog.s-giken.net/ をご覧ください。
ブログ・エス技研 TOP  >  スポンサー広告 >  Google Swiffy >  Google Swiffyの使い方 【2】日本語の文字化けについて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Google Swiffyの使い方 【2】日本語の文字化けについて

しかし、それだけでは終わらない Flashも多数あるかと思います。というか、それだけではないものの方がはるかに多いと思います。

そして、現時点での一番の問題点と思われることは、Swiffyは日本語に対応しておらず、Flash内で日本語を使っていると様々な問題を引き起こすことです。

文字化けに関しては、下記のサイトで検証をされている方がいらっしゃいます。
 「swiffyで日本語フォントが文字化け」
 http://nex.xrea.jp/?s=1253
 「Swiffy日本語対応まとめ」
 http://nex.xrea.jp/?s=1260

ですが、根本的な問題は、先にも書きましたが Swiffyは日本語をサポートしていませんので、日本語は使えないと考える必要があるということのようです。

また、単純に 2バイト文字が文字化けすると言うだけではなく、表示されるテキスト以外の使用していないレイヤーなどにも 2バイト文字があることで変換後の Swiffyが表示されないと言った不具合の原因にもなります。
(ほとんどないとは思いますが、Flash内で利用しているファイル名に 2バイト文字が使用されていると致命的な不具合になることがあります。)

また、2バイト文字がある場合に生成される Swiffyファイルの文字コードは「UTF-8」で生成されますが、Flashを組み込んで使う HTML側のファイルと文字コードが違う場合も再生されない原因になります。
そのため、Swiffyで変換したスクリプトのファイルを HTMLファイルと同じ文字コードに変換する必要がありますが、変換しても再生されない場合もありますので、根本的な対応としては 2バイト文字を使わない対応をする必要があるでしょう。


2バイト文字を使わない方法として、単純に固定の文字列として表示に使っているのであれば、テキストを画像に置き換えてしまう、という方法が手っ取り早い方法なのですが、動的に変更される場合など、理由があってテキストとして編集している場合などはその方法は使えません。

動的に変更したい場合の 2バイト文字としては、あらかじめ Flashの中に文字列を組み込むのではなく、Swiffyで変換したあと、再生の際に文字列を渡すという方法を取ることで解決できます。


Swiffyで生成された HTML5のファイルの中身がどのようになっていて、それに対してどのように対応することで何が出来るのか、それを実験された方のサイトが書きにあります。

【1.使い方~単純なアニメ変換】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/07/22/google-swiffy-1/

【2.フレームアクション】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/07/29/google-swiffy-2/

【3.ボタンアクション】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/08/06/google-swiffy-3/

【4.FlashVars的データ渡し】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/08/24/google-swiffy-4/

【5.画面フィット・ステージサイズ】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/09/05/google-swiffy-5/

【6.時間取得関数】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2011/12/31/google-swiffy-6/

【7.テキストフィールド内の改行の注意点】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2012/01/01/google-swiffy-7/

【8.簡易クラス構造のテスト】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2012/01/06/google-swiffy-8/

【9.画像の構造と差替え実験】
http://www.1ft-seabass.jp/memo/2012/01/10/google-swiffy-9/



【目次】
Google Swiffyの使い方 【1】基本編
Google Swiffyの使い方 【2】日本語の文字化けについて
Google Swiffyの使い方 【3】Swiffyに FlashVars的にテキストを渡す方法(Swiffyでは扱えない文字「%」「+」「&」)
Google Swiffyの使い方 【4】Swiffyに FlashVars的テキスト渡しで発生する不具合(テキストの背景が黒くなる)(テキストが上にずれる)
Google Swiffyの使い方 【5】Swiffyの画像を差し替える方法
Google Swiffyの使い方 【6】Swiffyの Flashムービー・Flashベクターを差し替える方法
Google Swiffyの使い方 【7】Swiffyの バージョンの調べ方
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012年12月07日 10:02 ] カテゴリ:Google Swiffy | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

エス技研

Author:エス技研
性別:男性
職業:Web系エンジニア
エンジニアになって 15年ほど経ちますが、その途中で 5年ほどディレクタ、マネジメントを中心とした業務を行っていたためにやや現場を離れていましたが、転職をきっかけに 2012年に現場に復帰し、新たな技術を楽しみながら勉強しています。
メインの環境は LAMP環境です。

FC2ブログランキング
FC2カウンター
FC2拍手ランキング
GoogleAdWords
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。